2018年4月1日

メルセデスAMG CLA45 シューティングブレーク

主要諸元

 車名 メルセデスAMG CLA45シューティングブレーク 
 型式  CBA-117952
 全長x全幅x全高(mm)  4,690x1,780x1,435
 ホイールベース(mm) 2,700 
 トレッド前後(mm) 1,555/1,555 
 車両重量  1640kg
 駆動方式

可変トルク配分型四輪駆動4MATIC

 エンジン   排気量   DOHC 4気筒 1,991cc 
ボアストローク(mm) 83.0x92.0
最高出力   381馬力/6000RPM
最大トルク   48.4kgfm/2250-5000RPM
使用燃料/
タンク容量
 
無鉛プレミアムガソリン/56L 
 ミッション  AMGスピードシフトDCT-7
 変速比 @15.9 A10 B6.9 C4.9 
D3.6 E2.8 F2.2 後退12.8 
 燃料消費量JC08モード  12.6
 最小回転半径 5.3m 
 タイヤ 前後 235/40R18 
 サスペンション  電子制御   AMG ライド コントロール スポーツサスペンション
 前 マクファーソンストラット
 後 4リンク
 ブレーキ  前後ともベンチレーテッドディスク

エンジンルーム

エンジンは4気筒2Lのツインスクロールターボを横置きにしています。2Lのターボとしては世界最高の出力381馬力を誇っています。AMGなので一人の職人がエンジンをすべて組み立て自分のサインの入ったプレートをエンジンの上に貼り付けています。

スカイライン350GT4からの乗り換えになります。スカイラインは3.5Lエンジン+高出力モーターで非常に速い車でした。0→100kmが4.9秒です。しかしハイブリッドのセダンということで、トランクが狭く使い勝手が悪いのが難点でした。今回購入したAMG CLA45シューティングブレークは、スポーツワゴンということで、一般的なワゴンより積載能力が落ちますが、セダンに比べると非常に広い荷室を持っています。しかも381馬力、48.4kgfmと高出力のエンジンを搭載しています。スカイラインより早い0→100kmは4.7秒です。サンルーフの面積が広いことも気に入っています。オートクルーズコントロールは200kmまで設定でき、完全停止まで行うのも、スカイラインより優れています。スカイラインは機械式のパーキングブレーキだったので、停止後3秒でブレーキが解除されますが、CLA45は電気式なので、ブレーキをホールドします。もう一つ気に入っているのが、オートトランクオープナーです。スカイラインは、手で開閉する必要がありましたが、CLA45は、自動で開閉できます。装備は言うことないので、CLA45は長く乗っていきたいと考えています。

前の車はスカイライン350GT4

荷室

荷室の容量は、標準の状態で495リッター。後席を前方に倒すことで、最大1395リッターにまで拡大できます。スカイラインから買い換えた最大の理由は、荷室の狭さだったのですが、その点はCLA45シューティングブレークで改善できました。問題点は前席を前にずらさないと後席が前席に当たって倒れないことです。
後席を倒してしまえば前席は、後ろへ下げることが出来ますが、少し面倒です。

← レッドステッチのフロントウインドウへの映り込みです。少し気になります。

 長所  短所
 良いスタイル  メーカーはシューティングブレークと呼んでいるが、ステーションワゴンタイプです。ステーションワゴンに比べると少し積載能力が減るが、非常に良いスタイル、外観です。非常に気に入っています。  メンテナンス費用、
維持費が高い
エンジンオイルの交換など、国産車に比べると割高になります。任意保険もスカイラインより高くなりました。
 ハイパワーエンジン+7速DCT  車体重量が1640kgに対してエンジンが381馬力48.4kg-mと十分な出力です。7速DCTとの組み合わせも良く、非常に速く走ることが出来ます。ドライブモードの選択もコンフォート、S、S+、Race、Indivisualなど状況に応じて選ぶことが出来ます。4輪駆動なので、雨の日の急発進でもホイールがスピンすることはありません。  エンジン音が耳障り   スポーティな車を強調するため、急加速をするとバックファイヤー音を聞かせるようにしているが、これが耳障りです。早朝にエンジンをかける時は、ご近所の迷惑になります。スカイラインが静かだったので気になります。若い人に気に入られるような設定です。年寄りはCクラスとかEクラスを買えということでしょう。しかし車体が大きくなったり、車の値段が上がるのは困るのです。
 最小回転半径5.3m  4輪駆動の車としては、非常に最小回転半径が小さい。家の車庫からの出し入れは、全長が長く5.6mのスカイラインよりずいぶんやりやすくなりました。
 設定項目の保持 国産の車だと、ドライブモードなどはエンジンを切るとリセットされて、初期設定に戻ってしまいます。しかしCLA45の場合は、Sモードにしてエンジンを切っても、この情報を覚えていて、エンジンをかけるとSでスタートします。Sでいつも乗る人には、エンジンをかけるたびに設定をいじる必要がありません。   後方視界が悪い  これもスタイル優先の結果ですが、バックするときの後方視界が非常に悪いです。しかしバックモニターは広範囲が映るので、バックするときはモニターが頼りになります。直接目で見ないので、少し心配ですが、慣れれば問題は無くなるでしょう?
 高感度
地デジチューナー
 土浦は盆地になっており、スカイツリーからの電波が上空を通過するという、電波状況の悪い地域ですが、純正のチューナー、アンテナの感度が良く、スカイラインより広い範囲で地デジを受信できます。画面も8型と大きく見やすい。  後席が狭い  外観、スタイル優先なので仕方がないことですが、後席が狭く乗り降りがしにくいです。これが問題ならCクラスなど別の車を買う方が良いでしょう。小生はほとんど1人で乗るので大きな問題ではありません。 
 ナビの使い勝手  タッチスクリーンではなく、コマンドダイアルで操作しますが、使い易くナビの機能もほとんど問題ありません。三菱のナビのようです。最新のETC2.0にも対応しています。  高価なナビの地図更新  3.9万円と非常に高価です。国産では半値以下だし、ボルボの場合は、車が廃車になるまで無料で更新できました。ぼったくりです。
 ACCは200km/hまで  国産の車のオートクルーズコントロールは、ほとんどの場合、114kmまでしか設定できません。スバルのレヴォーグは、高速道路の制限速度が上がるので130kmまで設定できるようになりましたが、ベンツの場合は200km/hまで設定できます。  フロントウインドウ
への映り込み
 革の内装のレッドステッチがフロントウインドウに映りこんでいます。コントラストはあまり強くありませんが、少し気になります。デザイン的にはフロントウインドウの下にもレッドステッチは必要ですので仕方ないかもしれません。
 広いサンルーフ  国産車はサンルーフの奥行きが狭く開放感が低くなっています。多分たばこの煙を排出するだけを考えているのだと思います。しかし欧州車は違います。サンルーフの面積が広く非常に開放感があります。オープンカー程ではありませんが、曇り、雨の日には明るくて気持ちが良いです。    
 リアのドアは電動  リアのドアは電動でリモコンで開閉でき便利です。またリモコンで窓の開閉を車の外からできます。窓を閉め忘れて、車を降りても車の外からリモコンで閉めることが出来ます。    

メルセデスAMG CLA45シューティングブレークの長所と短所

 項目  内容  項目 内容
 TVキャンセラー
の取り付け
ドアストーレージ
ボックスの自作品
取り付け
 ドライブレコーダー
の取り付け
  交通安全お守り
 車庫   写真      
 平面図

オプション品取付及びメンテナンス